2023年1月16日(月)は宮澤賢治の『春と修羅』-序を読み進めます

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

昨年12月12日に、ケア塾茶山が7ヶ月ぶりに再開されました。
宮沢賢治の「春と修羅」の序の三行。じっくりと時間をかけて読んだこの三行は費解な内容なのですが、皆さまでご自身の宗教観などを語り合いながら考えていきました。

参加者からこのようなコメントをいただいております。

(前略) 

たった3行進むのに2時間30分ほどかけて味わうように、お話しました。

というのも、仏教に起因することが多く、単語一つにしても、その意味を読み解くにはそこに付随する最低限の知識が必要になってくるからです。

最近の若者が映画を2倍速でみる昨今、全くもって痛快なスピードです。

西川さんのガイドによりゆっくり、確かに一言づつ進む、その内容はとても引き込まれるものでした。

 

西川勝先生(進行役)より、丹治昭義著『宗教詩人 宮澤賢治大乗仏教にもとづく世界観』(中央公論社,1996)が紹介されています。大乗仏教の根本的立場から、『春と修羅』が示す賢治の人間観を理論的に考察したのだそうです。

 

さて、次回のケア塾茶山は1月16日(月)に開催されます。
またのご来塾、心よりお待ちしております。

しばらく休会いたします

 いつも当会にご参加くださっている皆さま、また、ご関心を持ってくださっている皆さま、当会はしばらくの間、休会となります。また必ず再開いたしますので、その際にはまたのご参加を心からお待ちしております。

 再開日時は未定ですが、こちらでお知らせいたしますので、時々思い出した折には当ブログをご確認いただければと思います。

 

 大変な猛暑がやってまいりましたが、皆さま楽しい夏をお過ごしくださいませ。

 

NPOココペリ121 ケア塾読書会 担当者

6月のケア塾は開催キャンセルです

 みなさま、いつもケア塾読書会にご参加ありがとうございます。

 

 諸事情により、今月の読書会の開催はキャンセルとさせていただきます。

 

 いつも楽しみにしてくださっている方々、また来月7月11日にぜひお越しいただければと存じます。

 

 次回のテーマは、

 

春と修羅』序

 

 です。

 

春と修羅 序 (宮沢賢治)

次回も『銀河鉄道の夜』4月11日18時30分〜開催です

3月14日も盛会に終わりました。

特に、文学を読み進めながらケアに関することが議論の中心となっていくことにいつも驚くのですが、ケアは根本的には「人と人」の間のことなのだから、当然のことなのですよね。

 

次回も『銀河鉄道の夜』です。

「九.ジョバンニの切符」後半から読み進めていきます。

 

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

f:id:carejyukucy:20220402113419j:plain

 

次回も『銀河鉄道の夜』3月14日18時30分〜開催です

ケア塾54回は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』後半へ入り、「七」を読み進めましたが、読書会へ入る前に当会チラシをじっくり取り上げました。

 

○の中に埋め込まれた言葉を、みなさんはいくつご存知でしょうか?

ひとつひとつ、進行役の西川先生が教えてくださいました。

 

今日読み進めた『銀河鉄道の夜』には、「イギリス海岸」とされる風景描写が出てきます。

 

ぼくらからみると、ここは厚い立派な地層で、百二十万年ぐらい前にできたという証拠もいろいろあがるけれども、ぼくらとちがったやつからみてもやっぱりこんな地層に見えるかどうか、あるいは風か水やがらんとした空かに見えやしないかということなのだ。

 

 

同じ景色も、人それぞれ違って見える。

知識があればイギリスの海岸にだって見える…としたら、「知」がいかに人生を豊かにするものかと。そんなことを考えました。

 

次回も『銀河鉄道の夜』を引き続き読み進めます。

日時:3月14日18時30分〜

 

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

次回ケア塾は2月14日の開催、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』後半です

2022年最初のケア塾茶山は『雁の童子』を取り上げました。

進行役の西川さんが、「でもなぜ『雁』なんだろうか?」と問いかけました。もちろん明確な答えはありませんが、「なぜ他の鳥ではないのか?」など考えることに意味があります。

雁の生態、人との関わりなどを検討しました。

 

また、

(いいえ、お父さん。私はどこへも行きたくありません。そして誰もどこへも行かないでいいのでしょうか。)

不思議な言葉ですが、みなさんはこんなふうに思ったことはあるでしょうか?

 

また、

(お前はずいぶんむごいやつだ、お前の傷めたり殺したりするものが、一体どんなものだかわかっているか、どんなものでもいのちは悲しいものなのだぞ。)

「いのちは悲しいものなのだぞ」について、みなさんはどう感じますか?

 

(これがお前の世界なのだよ、お前に丁度あたり前の世界なのだよ。それよりもっとほんとうはこれがお前の中の景色なのだよ。)『マグノリアの木』より

宮沢賢治の作品を読むことは、自分にとって「丁度当たり前の世界」がどのようなものなのかということを考えさせられるようです。

 

次回ケア塾は、『銀河鉄道の夜』の後半を取り上げます。

皆様のご参加を心より楽しみにしています。

 

f:id:carejyukucy:20220213122408j:plain

 

 

全文は青空文庫で読むことができます。

www.aozora.gr.jp